Rinacita Kyoto

Exhibition, art direction & produce

フィレンツェ、 Francesco Barberini邸 お茶会

友人の辻 星野さんのご提案で実現したお茶会です。

バルベリーニ邸は、17世紀のローマで盛んになったイタリアの貴族の家族だった。彼らの影響のピークは1623年、枢機卿マフェオ・バルベリーニがアーバン8世いとして法王に選抜されたことでした。ベルニーニ宮殿(1633年に完成)は現在国立古代美術館として使われています。

フランチェスコ・バルベリーニ(1597年9月23日 – 1679年12月10日)はイタリアのカトリック枢機卿(すうききょう)で法王アーバン8世の姪っ子だった。 法王アーバン8世の地位の恩恵を得た。

Related works